床のべたべた対策に。(名古屋市 K様邸)

こんにちは。

7月に入り、気温も大分高くなってきました。今年も節電に気を使ってエアコンの使用はなるべく避けたいと思っています。しかし、晴れている日は30度を超え、天気の良くない日は気温が高くなくても湿気でジメジメします。家でのんびり過ごそうと思っても、身体がベタベタするから、あまり気持ちよく過ごせないこともしばしば…。

この季節は、お客様から『床のべたべた』が気になるといったお悩みを良くお聞きします。素足で歩く機会も増えますし、実際に汗や湿気で床のワックスがべたつき始めてしまうことも多いようです。ワックスからコーティングへ切り替えるには良い季節かもしれませんね。

(名古屋市K様邸 フロアコート完了写真)

コーティングを施工したお客様から『床がベタベタからサラサラという感じに変わった』と喜んでいただけます。写真では、伝わらないので記事ではあまり書いていませんが、これもコーティングの特徴の一つです。耐水性に優れているので汗や水分も浸透しづらく、サラサラという感触は持続します。

また部屋全体が明るくなりますので、無駄な電気を消費しなくて済みます。エアコンだけでなく、電気の消費量を減らすことが出来るので、節電の強い味方となってくれることでしょう。節電をするうえで、何かを我慢しなければいけないとなると、なかなか続かないものです。エコな取り組みをして、なおかつ快適な住環境を作る。こういった取り組みが必要な時代ではないかと考えています。

K様ありがとうございました。               仲

コメントは受け付けていません。