無垢材のシミを剥離とシミ抜きで解決!(豊川市 N様邸)

おはようございます。

今日は、無垢材のシミが気になっていた豊川市のN様邸の写真をお借りして、記事を書いていきます。施工前の写真です。

ワックスは塗ってありますが、汗や水分が染み込んで床そのものがシミになってしまっています。無垢材のお手入れは難しいので、シミに悩まされている方は少なくないようです。

まずはワックスを剥離します。

写真の左半分がワックスの残った状態で、右半分がワックスを完全に剥離した状態です。

剥離することで、ワックスの黒ずみ汚れがすっきり解決しました。

この時点でシミもだいぶ薄くなってはいますが、まだ完全には消えていません。

余談ですが、ワックスを剥離すると写真のようにタオルが汚れ、真っ黒な汚水が出ます。

これだけの汚れが布団一枚分くらいのスペースに付着していたことになります。

ワックスは徐々に汚れていくため、毎日見ているとなかなか気付けないのも事実ですが、汚れたままにしておくと見た目だけでなく衛生的にも良くないことが分かると思います。

無料で床の診断を行なっていますので、お気軽にご相談ください。

それてしまいましたが…部屋全体のワックスの剥離が完了したら、シミ抜きをしてコーティングをします。コーティングをすることで水分の吸収を抑制し、再びシミになるのを防ぎます。

変化を写真で紹介します。

左の写真が施工前、右の写真が施工後です。

シミもなくなり、暗くなってしまっていた床も明るさを取り戻しました。

N様ありがとうございました。                仲

コメントは受け付けていません。