ワックスからコーティングへ塗り替え工事(愛知県豊田市I様邸)

こんにちわ、木田です。

今日は、先日工事を担当した、愛知県豊田市I様邸のお写真をお借りしてワックスからコーティングへの塗り替え工事をお伝えします。

I様邸のお宅は、築1年少々でメーカー様のサービスワックスを施工したきりで、そろそろワックスを塗り重ねようかなと思ってたところ、家具の移動、この現状のムラが消えるのか?等を考えた結果、一度聞いてみようって事で問い合わせを頂いたのが始まりです。

そもそもフロアーコーティングって何?

そんなところから始まり、

『車で言うところの、赤とか黒とか白の鉄が錆びないように保護の為に塗る塗装です。色の無い、クリヤーですけど、色を付ける事も出来ますよ。』

車のコーティングみたいなもの?

『近いものがありますが、車のボディーの銀色の鉄部分から始めると、カラー~表面のコーティングを全部含んだ部分の塗膜です。』

そんなやり取りから、2回に分けて、2階部分約76平米の工事を2日間施工しました。

1階部分は5月に、2日間工事を施工します。

こんな風に、家具を一箇所に動かして空いた部屋を、順番に剥離>清掃>下地コート>TOPコートと施工して家具を戻していきます。

100平米で基本2日間の工事日程で施工時間は18時には、毎回普段の生活が出来るようになり、普段の生活に支障をきたさないように工事を進めていきます。

もちろん、今回も18時には、キッチンもトイレも通常のように使う事が可能です。

床に反射した窓を見てもらうと、くっきり反射したところとぼやけているところが分かると思います。

両写真とも、左をコーティング済みで、右半分は剥離、清掃を終えた状態です。

光の反射で部屋の奥まで暖かく照らし、今までお掃除にかけていた時間とコスト(お金)を大きく減らす事ができます。

ベタベタしないし抗菌・防カビ仕上げなんで、安心で気持ち良いですよ。

ちなみに、食品安全衛生法(いわゆる、舐めても大丈夫)にも適合してるのでお子様にも安心。

はいはいが、楽しくなるかも(笑)

そんなことでI様、次は5月にお伺いしますね、よろしくお願いします。

                      木田

コメントは受け付けていません。