フローリングの黒ずみを除去(安城市K様邸)

こんにちは。

床、フローリングには様々な悩みがありますが、代表的なものが黒ずみ。こすっても取れないし、そのままワックスを塗る訳にもいかないし、毎日掃除してるのに部屋が汚く見えてしまう。しかも毎日少しずつ悪くなってる気が…これきれいになるの?!そんな方々のためになればと、今回とても分かりやすい写真を簡単な説明付きで紹介していくので、じっくり見て感動してください。

まずは、施工前の写真です。

この2枚の写真で共感出来てしまう方も少なくないのではないでしょうか?もちろんこの黒ずみ、雑巾でこすってもまるで取れません。さらに今回は少し特殊なケースで、7~8年前に油性のコーティングをした上にワックスが塗ってある状態だったので、お客様と相談した結果、ワックスも油性のコーティングも全て剥離することになりました。

本題に戻ります。大事なのは、剥離をすることでこの黒ずみがどれだけきれいになるのかってことですね。これも写真で紹介していきます。写真の半分より上が剥離後となっています。

こうして見てみると、床全体が黒ずんでいたことが分かっていただけると思います。お客様本人も元々こんな色でこんなに明るかったのかとビックリされていました。あまりに違いが分かりやすかったので、このまま残しておきたいくらいでしたがそうはいきません(笑)全体を元の輝きに戻します!

こんな具合で剥離を進めて、床全体のワックスと油性コーティングを完全に除去したら、水性コーティングをして仕上げます。油性は臭いもあり、強度も水性の方が強いため、水性をおすすめさせていただきました。

工事完了写真です。

コーティングをしたことで、さらに明るさが増しました。最後に同じ場所での施工前と施工後の写真を並べますので、違いを確認してみてください。左に施工前、右に施工後の写真を並べさせていただきます。

工事は午前中から開始して、その日の夕方に完了しました。なのでもちろん左の写真は午前、右の写真は夕方に撮影したものです。それなのに部屋の中だけ見ると、まるで逆のような気がしませんか?それだけ床の明るさが部屋全体の明るさに関係しているんですね。

これほど違えば、節電にもつながります。特に現在、自然環境というものはみんなで考え、それぞれ自分の出来ることをしていくべき時だと考えています。駄目になってしまったものを捨てるのではなく、再度使える方法はあります。地球に優しく、一人でも多くの方が快適に生活出来る住環境作りを目指しています!

K様ありがとうございました。           仲

コメントは受け付けていません。