剥離のプロが行なう、ワックス剥離作業をご紹介

●『おそうじでリフォーム気分』をコンセプトに、廃材を出さない環境と家計に優しい工事を目指しています。張替えリフォームをお考えの方は、是非、検討材料の一つとして(株)スタイルサービスの『ワックスの剥離』をお考え下さい。

●プロのワックス剥離をご紹介します。

R木材の、Pシリーズ。左写真は、施工前の写真です。右の白い部分は部分的に劣化したワックスを剥離するとこんな風になり、上の薄い茶色の部分は、これ位の色味で完成させましょうと、見積もり段階の状況です。

少しずつ汚れていくと、お客様自身もこんなに違うのかと驚かれることが多いようです。I様のお宅では、ワックス剥離、着色工事、フロアーコーティングと少し特殊な工事ではありますが、張り替え工事をしなくても、リフォームをしたような輝きを取り戻すことはできますよ。

ワックスの剥離と言っても、床材、ワックスの種類によって10種類以上あります。自分でワックスの剥離作業をする場合は、剥離剤を扱ってる会社にしっかりと確認するようにしてください。剥離剤はワックスを溶かします、中性、アルカリだといいますが、どちらにしても強い薬品だと思って使用してください。床材を駄目にしてからでは遅いですからね、床材、ワックスを塗り重ねた回数、築年数、ワックスの種類を教えて貰えれば、もちろん無料で剥離剤の選定をします。メールで問い合わせてみてください。

ワックスの剥離カスや拭きあげたタオル、右は、剥離剤です。バキューム等で吸い上げて剥離していく場合もありますが、3割くらいの床材は水、アルカリに非常に弱い為、床を傷めないために手作業になります。

今回の作業では、剥離、着色、フロアーコーティングを施工させて頂きました。

剥離は、劣化したワックスを除去し、衛生的な環境と床材を腐食させない為に行ないます。

着色は、好みですね、部屋の雰囲気を変えるには全体に大きな印象の変化を与えます。

フロアーコーティングは床材を守ると同時にワックスの塗り重ねなどの手間を失くし、美観も保護します。抗菌、防カビ剤も入って清潔な環境を作ることができます。もちろんこの先、ワックスのような劣化による黒くなる等の変化はありません。

剥離は、安価な値段で驚きの変化を与えてくれます。部屋を明るく、お子様に安心、安全で衛生的な環境にします。

                              木田

コメントは受け付けていません。