無垢材(外の壁や軒下、柱なんかの外の洗浄保護の施工事例)

外部の無垢材の洗浄と保護工事の写真です。

無垢材の掃除の問い合わせが多くなっていますので、参考にして見てください。

雨染みや黒ずみ汚れも、ある程度綺麗になりますよ

保護材の種類にもよりますが、規定量をしっかり塗ることで、3から5年程度に1度塗り重ねをしてもらえると

洗浄に高いお金を払わないでも、綺麗な状態が長く続きます。

弊社が初めて担当した11年前の物件も、2度塗り重ねに行っていますが、綺麗な状態が続いていますよ‼︎

ケルヒャーで水圧をかけて、掃除してしまったので、汚れを抜いた後、研磨で処理して、少し色を入れてオイルを戻しています。

最初から研磨でいいんじゃ無いかと思う方もいると思いますが、やった方はわかると思いますが

研磨だけだと、すぐ汚れが浮いてきて、削っても削ってもムラや、汚れが取れません

いろんな角度から撮ってみたものの、外部用のオスもオイルを塗った写真は、撮り忘れました。

外部用の自然塗料は、防腐、防汚の性能も高いから安心です。

みなさんが思っている以上に強い塗料です

部屋の中も外も無垢材の汚れで困ったら、メールお電話でご相談下さい。

相談、お見積もりは、もちろん無料です。

それでわ

コメントは受け付けていません。