無垢床材のフロアコート(岡崎市 F様邸)

こんにちは。先日、無垢床材のフロアコートを施工してきましたので、ご紹介させていただきます。

(フロアコート完了写真)

無垢床材ということで、ツヤのないコーティングを施工しました。無垢の自然な風合いを損なわず、マットな感じで仕上がります。

フロアコートにより、水分の吸収を抑え、油脂汚れやシミになるのを防ぎます。その結果、床の寿命は延び、より永くより快適な住環境をご提供することが出来ます。

複合フローリングと比較すると、無垢は非常に水分を吸収しやすく、食べ物やジュースをこぼすと、その部分がシミになってしまいます。また、キッチン廻りや歩行頻度の高いリビングや廊下などでは、油脂汚れなども気になってしまいます。こういったシミや汚れ、傷なども無垢床材の良さであり、時間の経過とともに雰囲気が出てきます。

しかし、難しいお手入れ無しで、この綺麗な状態の床を保持したいと考える方もみえます。おうちの管理の仕方は人それぞれ求めるものが違い、サービスを提供する僕たちの希望を押し付けるのではなく、お客様ご本人が求めるものを満足していただける形で提供したいと考えています。

弊社は、無垢床材の特殊清掃もやっております。溶剤系の薬品を用いて、染み込んだ汚れを浮かせて、表面の汚れと一緒に拭き取っていきます。この特殊清掃をすることによって、床は明るさを取り戻し、シミも薄く目立たなくなります。その後は、お客様のご希望によって変わりますが、再び自然塗料を塗る場合もあれば、フロアコートに切り替えるお客様も非常に多いです。

またシミ抜きや着色なども行っておりますが、お客様のコストを考慮すると、出来る限り特殊清掃という形で、お客様のお悩みをきれいサッパリ解消したいと考えております。無垢床材のお手入れにお困りのお客様は是非、気軽にお問い合わせください。床の状態を診て、じっくり話し合いをした上で最善の対処をさせていただきます。

F様ありがとうございました。                  仲

コメントは受け付けていません。