2012年3月 のアーカイブ

右肩下がり

2012年3月26日 月曜日

こんばんわ!

木田です。

早速ですが、何が右肩下がりかと言うと、HPの閲覧人数です。

前月に比べて2割近く、今月は少なくなりそうです。

なぜなら、WEB担当の仲君が、虫垂炎で入院してしまっているから!

この忙しい時期に。。。

今は、痛みも落ち着いてきてるみたいで、今週には退院できそうです。

『仲君、僕は、日にちの感覚、曜日の感覚を失うだけじゃなく、子供の顔も忘れてしまいそうです。』(笑)

工事の完了状況は、もう少し現場が落ち着いてから報告させていただきます。

                                木田

ウッドデッキの洗浄(阿久比町)

2012年3月19日 月曜日

F様邸のお写真をお借りして、ウッドデッキの洗浄と再生保護の様子をお届けします。

・高圧で洗浄していきます。最大150キロ位の力で幅広くかけていきます。

洗浄が終わり、乾燥してから保護剤を塗布していきます。

下塗りも合わせて3回塗っていきます。

3回塗り完了後の次の日の朝の写真です。

素晴らしく広い綺麗なウッドデッキの上で飲むコーヒーは素晴らしい事と思います。

開放的で気持ちのいい空間になりました。

F様ありがとうございました。

明日は、知立のお住まいに伺います。よろしくお願いします。

                        木田

くまなく。

2012年3月19日 月曜日

おはようございます。

気持ちのいい朝になりましたね!

今日は、午前中に事務処理をして、昼から中区に水廻りのコーティングをしに行ってきます。

少し落ち着いた1日と言いましょうか、なんだかとても清々しい気持ちです。

明日は、床ロンワックスの剥離を80平米ほど、知立市で施工して、21日からは、豊明のマンション工事が始まります。

嵐の前の静けさかも・・(笑)

この前の続きの富士山の写真。

かれこれ1年前くらいの写真になりますが、まだ3GSの時なんで画像がよくない、こう見てみると4Sの画像は相当良いですね。

富士山ってテンション上がりますね!

うわー本当にいい朝です。

・僕は、あんまり恥ずかしいと思うタイプではないんですが、たまにそこ?

そんなところで?と思うところがたまらなく恥ずかしくなる事があります。

そんな話を2つ。

・大型スーパーで嫁、子供と3人で買い物に行きました。ここぞとばかりに、かさばるものや重いものを買う嫁。

一通り商品をかごに入れてレジへ。

レジは10人ほど10通りの列に並んでいる、中でも男の人が一人で並んでいる数の多いところに狙いを定めて並ぶ。

2人分ほど進むと、嫁があっ洗剤も買わなきゃと離れていった。

レジに近くなっても嫁はまだこない。

僕の財布の中には、千円札9枚といくらかの小銭しか入ってない。

僕の後ろには、9人程並んでいる。

まだ来ない嫁。

もしかしたら日頃のいたずらの仕返しかも、周りを見渡すが悪い顔で笑う嫁はいない!

僕の不安げな顔を感じてか、子供もグズル。

お会計は、9287円

財布からお金を出す。今更引き返せないし、後ろにはもういっぱいの人が並んでる。

財布の中の5円や1円。いや5円様1円様と言わせてもらおう。

みんなの力を合わせて残金7円助かったーー。

やたら汗が出てくる。1円様、5円様ありがとう。

後ろを見ると、一人だけお会計で汗を拭う僕を、嫁が不思議そうに眺めてました。

レジであわててる人がいても優しく見守ろうね。

・もう一つは、2日ほど前の本屋さんで。

入ってしばらくすると、大阪弁の女子2人が、『あれめっちゃ良いやろー』

とか『主人公の子が素敵やねーん』とか、そこそこ大きな声でずっと話してる。

どんな人か見てやろうと雑誌の通りを少し覗いて見るけどいない。

もう1っ本奥の通りかもしれないと諦めた。

だけど気になる。静かな本屋に2人の声が響く。

とうとう、片一方の女子が相手の相談に答え始めた。

僕の耳には、片方がしゃべり、片方は、『もうこんなところで良いよーもっと小さい声でしゃべってよー』

そんな感じの、『うん』に聞こえていた。

本を3冊ほど選び終えてもまだ話は続く、そしてもう勘弁してくれよ的な『うん』

そんな時に、『それでは続いての曲は』と言い出す女子。

ラジオかよ。めっちゃ恥ずかしい。

だって僕は、ラジオの人を探した男。

うわー本気で探さなくて良かった。

いやっ本気で探した。くまなくは探してないけど、この際本気かどうかは、余り関係ないだろう、探そうとした。もしくは探した事実から僕は、くまなくではないが実際ラジオの人を本屋で少しは探した男。

うわーむしろしっかり探した男の方がカッコイイとさえ思える。

探すべきだったのか、ラジオの女子を、くまなく。

うわー。くまなく。

顔のニヤニヤと恥ずかしさを押さえ込む事ができません。

レジの人は僕の事をおかしな人と思っただろうなー

ニヤニヤして買った本の1つが親鸞と道元。

うわー絶対誤解されてる。

レジでニヤニヤしてる人も優しく見守ろうね

                     木田

ガラスコーティング。完了写真と特徴(東海市 N様邸)

2012年3月16日 金曜日

こんにちは。

東海市でのワックス剥離とガラスコートの工事が完了しましたので、写真を掲載します。

先日お話させていただいたとおり、床の黒ずみはカビが原因となって起こることが多いです。このガラスコーティングは水性ウレタン同様、水分にも強いですが、傷に非常に強いという特性を持っています。傷のある部分は特に水分を吸収しやすいため、カビが繁殖して傷が黒く変色してしまいます。そこがきっかけとなって床全体が黒ずんでしまうんですね。

こういった現象から床を守るために必要不可欠なものがコーティングです。普段の生活では、水性ウレタンコートでも十分な効果を感じることが出来ると思います。お掃除も楽になりますし、耐久年数も10年と長く、ご自分で定期的に重ね塗りをする手間が省けます。

しかし、例えばおうちの中でも使用頻度の高い場所や、ワンちゃんと一緒に生活をされる場合は、床へのダメージが特に気になります。床に傷が入ってカビが繁殖し、その上で可愛いワンちゃんが生活するのは衛生的にも好ましくありません。ワンちゃんも安心出来る生活を送ってもらいたいですよね。そんな方にはこのガラスコートをオススメしています。

床のガラスコートの存在はあまり知られていませんが、ご注文のあったお客様から高い評価をいただいています。記事を読んでいただいた方は、存在だけでも覚えていただけたら嬉しいです。

N様ありがとうございました。                仲

コーティングで黒ずみ汚れを予防(名古屋市 M様邸)

2012年3月15日 木曜日

こんにちは。

今回は名古屋市M様邸でのフロアーコーティングをご紹介します。完了写真です。

左はキッチン、右は洋室の写真です。こういう色のフローリングは、部屋全体が明るい感じになりますよね。しかし、黒ずみ汚れが目立ってしまうのも事実です。床は木で出来ているので水分を吸収します。そのため、キッチンや浴室の周辺ではカビが繁殖しやすく、このカビが黒ずみの原因となるのです。見た目だけでなく清潔さも失われてしまうのは避けたいですね。

水性ウレタンコーティングは水分に強く、床をしっかり保護してくれます。小さなお子様がいるご家庭では、子どもが食べ物やジュースをこぼしてしまった…なんて事が日常茶飯事だと思います。湿らせた雑巾などで拭き取っていただければ、シミにもならないので優しく許してあげてください。笑

最初にしっかり床を保護しておくことで、床の寿命をのばし、無駄なコストを抑える事が可能です。さらにお手入れも楽になり、清潔さが保たれます。今まで放置されていて、半分諦めてしまっている方も安心してください。ワックスを剥離すれば、元の輝きが戻る可能性は十分ありますので、是非一度ご相談ください。

階段もコーティングを施工しましたので、完了写真を掲載させていただきます。

M様ありがとうございました。                仲

ワックス剥離の作業手順を写真付きでご紹介。

2012年3月14日 水曜日

こんにちは。

今日から、東海市のワックス剥離とガラスコートの工事が始まりました。本日は午前中にワックスを剥離し、明日コーティングをしてきます。我々が行なうワックスの剥離手順を写真付きで紹介してきますが、その前に。ワックスの剥離とはどういうものなのかを簡単にご説明します。

まず、どういう場合に剥離が必要なのでしょうか。コーティングに変える時や、床が黒ずんだり、滑るなどの問題が発生した時です。特に黒ずみ汚れでお悩みの方は多く、床の張り替えをしなければいけないと考えてしまう方も少なくはないようです。床ではなく、ワックスが汚れているだけなのに、床ごと変えるのは資源と費用の無駄になります。この場合、ワックスを剥離することで黒ずみ汚れも解決し、床の本来の輝きが戻ります。環境に優しいリフォームが可能なご家庭はまだまだあると思います!

それでは早速写真でワックス剥離の作業手順をご紹介していきます。(写真は過去の工事の時のものを使用させていただきます)

まずは、剥離剤を床にまんべんなく塗布していきます。

長時間塗れたままの状態が続くと、床が水分を吸収して膨らんできてしまうことがあるので、部屋をいくつかに区切り注意しながら塗布していきます。ご自分で剥離される際も、注意して行なってください。

続いて、スコッチと呼ばれるもので隅から隅まで、縦に横に擦っていきます。

するとワックスが剥離剤に溶け出して取れていきます。写真では剥離剤は白っぽい色をしていますが、ワックスが黒ずんでいる場合は真っ黒になります。

全体を擦ったら、バキュームで剥離剤を吸い上げます。

ワックスが取れやすい場合は、この作業でワックスはほとんど除去できます。

ワックスを何度も塗り重ねしてある場合や、塗ってから長い時間が経過していてワックスが取れづらい場合もあります。その時は、この作業を2~3回繰り返します。

次に水拭きをして、再度バキュームで吸い上げます。

そして最後に空拭きをしてワックスがしっかり除去されているか確認をします。

ここまでが、ワックスの剥離作業の一連の流れです。基本的には、この後に新しいワックスを塗るかコーティングをするので、溶剤系の薬品を使って床の汚れをさらにきれいに取り除いていきます。

コーティング同様、ワックスも下にある汚れや問題を拾ってしまうケースが多いです。床の滑りを解決するためや、塗りムラをごまかすために、重ね塗りして解決しても、それは一時的な対処となってしまうことが多いです。

床の事でお悩みの方は是非一度ご連絡ください。最良の解決策を一緒に考えさせていただきます!

現在、工事をしているガラスコートの完了写真は明後日また掲載できると思います。楽しみにしていてください。

ありがとうございました。                    仲

ガラスコーティングの施工事例(春日井市 A様邸)

2012年3月9日 金曜日

こんにちは。

昨日と今日でガラスコーティングの工事をしてきたので、完了写真を掲載します。春日井市にある新築一戸建ての物件です。

きれいですねー。ガラスコーティングの特性は、前回もお話させていただいたとおり、強度と安全性です。『子供たちが暴れるから、ワックスにすぐ傷やシミ汚れが付いちゃう!』というお悩みを良くお聞きします。そんな方にはピッタリな商品だと思います。左の写真は、キッチンから撮影したものなんですが、お子さんが騒いでいても安心して見ていられますね。

最近は、ガラスコートの需要が徐々に増えています。床だけではなく、車のコーティングでもガラスコートという言葉を良く見るようになりました。車の方はあまり詳しくないんですが、こちらも非常に強いらしいです。車って普通に道を走っているだけで、草や小石などが原因で細かい傷がたくさん付いていたりしますよね。その細かい傷を気にしなくて済み、自分でワックスがけをしなくて良くなるなら是非試してみたいです!

フローリングにも同じことが言えます。椅子の脚やじゅうたん、時には砂埃などが原因で、気付いた時には無数の細かい傷が付いてしまいます。床というのはデリケートなものなんです。ガラスコーティングは傷に非常に強いので、そのような傷から床を守ってくれます。

まだフロアコーティングそのものがあまり知られておらず、ガラスコートは特にそうだと感じていました。しかし需要が増えてきたということは、徐々にではありますが、「床のガラスコート」の存在が知られて、ガラスコートの持つ素晴らしい性能やメリットを理解していただけているのかなと考えています。知らなかった方や気になっている方。分からないことがございましたら、電話かメールでお気軽にお問い合わせ下さい。

A様ありがとうございました。                 仲

『変化しない事は、変化していく事だけ』

2012年3月9日 金曜日

・「変化しない事は、変化していく事だけ」
変化を恐れて現状維持をしようと考えた瞬間から、経営は成り立たなくなる。
どんな状況にも形を変え、チャレンジしていかないといけない、そんな風に僕は、とらえています。

・世の中の、ものすごい早い流れに着いて行くのは、僕たちには、とても難しいことです。
っていうか、正直無理!(笑)
笑うところではないかもしれないですが、できないことに力を入れてもしょうがないと考えてます。
見通しの付きにくい時代、10年後、20年後の会社の形を、最近よく考えます。
少し大人になったのかもしれないですね(笑)
そんなことから、HPでは、ワックスの剥離専門店として使えるものを、汚くなってしまったからと、捨ててしまうのではなく、綺麗にして使ってお家の管理にかかる費用を下げましょう。

と活動してきましたが、もっと僕たちの技術が活かせる場所があるのではないのだろうかと考え 『おそうじでリフォーム』 をコンセプトに、住宅に関わる幅広い分野で活動していく事になりました。

・先にお話したように、世の中の流れに乗って行く、もしくは着いていくのは難しいし金銭的な体力も計り知れない。

僕たちだけの強みを、過去の実績から振り返ってみると、ワックスをとる、塗料を塗ることが仕事ではなく。

床の管理を楽にする、張り替えのコストをなくす為に、何度もお客さんの所に走って行き、作業や行為ではなく、結果を商品として売りにしたことが強みであり、認知していただけた理由だと思っています。

・『おそうじでリフォーム』とは、おそうじで、リフォームした様な綺麗さをよみがえらせ、廃材やゴミを出さずに、コストパフォーマンスにすぐれた商品です。

ワックスの剥離、フロアーコーティングはもちろん。

壁紙の洗浄、石材、木の洗浄、剥離。

ウッドデッキの洗浄、コーティング。

個人では、扱いの難しい特殊洗浄や保護を通して、廃材を出さない、お家に関する年間コストを縮小する会社に力を注いでいきます。

少しづつ変わっていく『おそうじでリフォーム』のスタイルサービスをよろしくお願いします。

新しい工事も少しづつですが、載せていきます。

                                  木田

お千代保稲荷神社へ行ってまいりました。

2012年3月1日 木曜日

こんにちは。仲です。

2月29日、木田社長と一緒にお千代保稲荷(通称おちょぼさん)へ行ってきました。しかも、たまたま同じような上着を着て…。

僕は初めてだったんですが、到着するとたくさんの人がいて少しビックリしてしまいました。まずは美味しい串カツを食べて、いざ参拝!

(写真左)階段を登ると、みんなろうそくを燈していました。「お燈明場」といって、ろうそくと共に自分の願いを燈す場所だそうです。僕もしっかり願いを燈してきました。しかし、ろうそくの置き場がなくなると下にヒョイっと捨てられてしまうとか…別にいいけど、何かなるべく捨てられないで欲しいと思うのは僕だけ?

(写真右)続いて奥へ進むと、精霊殿があります。ここではおあげをお供えして、お賽銭を投じます。

そもそも〇〇稲荷神社って良く耳にしますけど、稲荷って何なんですか?元々は「稲生り」という、お米が出来ることを司る神のことらしいです。その神様は「御食津神=みけつかみ」という別名があったのです。この「みけつかみ」を「三狐神」とこじつけ、狐がお稲荷様の使いとされたらしいです。

さらに油揚げがキツネ色だったことから、きっとキツネの好物だと誤解?されたみたいですよ。んー、何だか元をたどると誤解ばかりな気もしないでもないですが…。

でも心無しか、身が引き締まった気がするんで、不思議なパワーがあるのかもしれません。また来月も来れたらいいなーと思っています。みなさんも是非一度足を運んでみてください。ありがとうございました。              仲

ガラスコーティングで床を長期的に保護(昭和区マンション)

2012年3月1日 木曜日

こんにちは。

先日、新築マンションのガラスコーティングを施工してきました。ガラスコーティングの特徴は傷にとても強い事です。長くお付き合いしていくおうちの床ですから、長持ちさせるためにも、最初にしっかり保護しておく必要があります。施工完了写真を4枚掲載させていただきます。

普通に生活していく中で付く傷や汚れから床を守るのは、水性ウレタンコーティングでも十分効果が見込めると思います。しかし例えば、ペットや小さなお子様がいて、特に傷が付きやすい事が予想される場合、ガラスコーティングをオススメします。もちろん傷に強い事が一番の特徴ではあるんですが、弊社のコーティングは食品衛生法にも適合しています。ワンちゃんが床を舐めても害がありませんし、お子様が床に直接寝転がっても全く問題ありません。何かをこぼして、床が滑るようになることもありませんので、ペットやお子様の安全のためにもなります。すごい強くて、優しいコーティング…何かすごくカッコイイ紹介になってしまいました(笑)

弊社の水性ウレタンコーティングの料金は平米単価1,500円で、このガラスコーティングの料金は平米単価2,000円と少し高めになっています。平米とは1m×1mの面積のことです。成人男性の大股1歩が大体1mくらいになると思います。僕は足が短いので超大股でしょうか…そんなことはいいです!

単価で500円の違いですが、耐久年数は水性ウレタンで約10年、ガラスは約20年なので、長期的に考えるとガラスコーティングだけ特別高いということはありません。ワックスやお掃除にかかる費用と比較すると、どちらも大差はありません。なので、新築でこれから何十年も生活をする場合、ガラスコーティングは大変お得なものだと思います。是非一度ご検討してみてください。

何にするべきかお悩みの方は、いつでもお気軽にご相談ください。無駄なコストがかからず、お客様の生活環境に合った方法を考えさせていただきます。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。                仲